おそらくダニに刺された跡だけど、全然治らない。。。

結論からお伝えすると、刺された跡に適切な薬を塗ることは大切ですが、
今後ダニに刺さされないために、布団乾燥機ダニ捕りシート導入すべきです。

なぜなら、
ダニは、掃除機等の掃除だけでは、減らないので、何度も刺されてしまうからです。

仮に、今のダニ刺されが、市販の薬で改善されたとしても根本的な原因が解決していないので、繰り返しダニに刺されることになりかねません。

ですから、ダニを減らすことが重要と言えます。

こちらの記事では、
ダニ刺されの原因であるダニを、布団乾燥機やダニ捕りシート布団の丸洗いなどで対策しないと繰り返すことになりかねないということを深堀りしていきます。

刺された跡は、市販のステロイド系のくすりを塗ってみる

ダニに刺された場合、かきむしってはいけません。悪化につながる可能性があります。

まずは、市販のステロイド系の軟膏でかゆみをしずめましょう。

もし軟膏を塗っても痒みが収まらないのであれば、すぐに皮膚科に行きましょう。
ひょっとしたらアレルギー症状が出ている可能性があります。

ダニは熱に弱い。だが布団を干すだけでは死なない。

もし何日もダニ刺されが続く場合は、ダニ対策を行いましょう。

ダニは、熱に弱いことが研究でわかっています。

著者高岡正敏氏の「お父さん、お母さんが知っておきたい ダニとアレルギーの話」によると
ダニは、60度以上に一定時間さらされると、死滅すると言われています。

熱でダニををやっつけようと思ったら、55℃以上の温度で30分以上加熱する必要があります。
家庭でこれができるのは、衣類乾燥機か布団乾燥機でしょう。
〜〜〜
日に干す方法もありますが、ダニは日光が当たらない中側ににげてしまうので、ほとんど殺すことができません。

参考文献:お父さん、お母さんが知っておきたい ダニとアレルギーの話

布団クリーニングは、効果的と言える。

ダニ対策の中で、人気が高いのがふとんクリーニングです。

布団を丸洗いし、乾燥させることで、ダニをほぼ一掃することが可能です。

頻度も季節替わりのタイミングや、半年に一回程度でいいです。特にお子さんがおられる方なら、定期的にふとんクリーニングをおすすめします。

ダニやノミは、子供のアレルギーの原因になることも多いからです。

布団乾燥機は自宅で手軽にできる

ふとんクリーニングに続いてダニ対策で人気なのが、布団乾燥機です。

布団乾燥機も定期的に行うことで、ダニの死滅させることができます。
しかも、布団もふかふかになるので気持ちいいです。

布団の丸洗いとは違って、
業者に渡さなくてもいいし、変えの布団が不要であるのが人気の要因です。

湿気の多い夏場や、旦那が汗っかきであればあれば便利です、。

ダニ捕りシートが、手軽なので最初の対策としては吉

私が個人的に手軽でいいと周りに言っているダニ対策が、ダニ捕りシートです。

ダニ捕りシートは、なんと置くだけです。
寝室のベットや布団の下に敷くだけで、ダニを集めてくれます。効果も3ヶ月続きます。

なにより、リビングのカーペットやソファにも利用できますので、
ペットと暮らしているご家庭でも安心して利用することができます。

おすすめの記事